健康診断の大切さを改めて感じました。

実家の母から連絡があり、父の腸にポリープができているのが判明し、
内視鏡手術を受けて、除去することになったとの知らせを受けました。

今まで、病気と全く無縁だった父。
風邪を引いている姿すら、見たことがなかった気がします。
最初は突然のことで衝撃を受けました。

ですが、母の話を聞くと、
毎年受けていた人間ドッグでポリープが発見されたものの、
おそらく良性のものである可能性が高いということ、
万が一、悪性のものだったとしても、
早期発見になるため、命に関わるようなものではない、
ということでした。

父は、全く自覚症状がなかったため、
人間ドッグを受けていなければ、
ポリープは、内視鏡で除去できない大きさになっていたかもしれないし、
仮に悪性のものだったとしたら、
命に関わるような状況になっていた可能性も否定できません。

人間ドッグを受けていたからこそ、早い段階で治療できるのだと、
当たり前のことだけど、健康診断の大切さを改めて実感しました。

私は毎年、子宮がんと乳がんの検診は受けているけれど、
人間ドッグのような総合的な健康診断は、ここ数年受けていません。

検診を受けるのは、緊張するものですが、
健康で元気に暮らしていくために、
私も、人間ドッグを毎年受けようと思いました。

コメントは受け付けていません。